'2019 釣果


4月2日 栃木渓流解禁の釣果報告が届きました




春ですね〜。解禁ですね〜。
ヤマメですね〜。
うらやましい。菱屋は花粉が去るまで、春眠中です!(菱)



2月3日 Ok様からエリアトラウトの釣果情報がとどきました。
【那須白河フォレストスプリングス】
サイズはアベレージが50オーバーでした。


キープ用ですね。一輪車が小さく見えますね。(菱)



Ki様からエリアの柄物(大物)画像が届きました


アゴのしゃくれた、F1です。


こちらは、イトウです。

画像有難うございます。
F1は凄い迫力ですね。
イトウもうらやましい!(菱屋はイトウを釣ったことがありません・・・)
又お待ちしています




今年の釣果情報!
最初を飾ってくれたのは、In様からの釣果情報です

「バイブレーションゆっくりまいて釣りました
久しぶりに、引きのある魚でした。
ワーム系を使って小さいのも6匹連れました。

邪道ですがコイ?ですかね?
96cmでした(笑)」







In様、ご報告ありがとうございます。
年明けすぐに、すごいの出ましたねー
寒さに負けずに、投げ倒した者だけが手に出来る1匹ですね。

「邪道ですがコイ?ですかね?
96cmでした(笑)」


鯉です!(笑) 

今年も宜しくお願いします(菱



店長の釣り日誌

2月13日(水)那須白河FSに
行って参りました。

天気:曇りのち晴れ
風:西の暴風
気温:朝-4℃→3℃→-2℃

天気予報で、暴風の予想は出ていましたが、大抵の場合、この地では、方向の定まらない
いわゆる吹き回しの風になると、甘い予想をしていました。
OPEN前に到着するも、常連様達は、既に準備完了して、スタンバッておられました。
結局セカンドポンドでまともに風を受けるポイントしか入ることができませんでした。

この冬の白河FSは、例年とどうやら様子が違っていて、また1月の釣行と同一パターンでOK!かと思いきや
見事に違っていました。


ヒレの凛としたF1です。

ポンドの状況は、いわゆる厳冬期パターンでした。
今冬は気象関係者の言うとおり、暖冬(実際は相当寒いと感じるのですが・・)で
1月の時は、秋パターン。そして今月になりやっと厳冬期パターンになったと言う事なのでしょう。

問題の水生植物は部分的に水中に残っており、ボトム付近を引っ張ろうものなら、毎回
引っ掛けてしまう状況に変わりはありません。

植物の切れ目のボトム付近を引ける場所を見つけるのが、キモになるのかもしれません。
(注)真ん中付近のポイントは相変わらず、表層で食っていました。
ポンド全体に言える事では無いので、注意が必要です)




1月16日(水)那須白河FSに
行って参りました。

天気:小雪一時吹雪後晴れ
風:一時西烈風
気温:朝1℃→8℃→-2℃

この時期、めずらしくガイドの凍らない朝でした。



ブルックとイワナのF1が釣れました。(ブルック色の強く出た個体)


釣れてくるのは、ほとんどこのサイズ(50cmくらい)
いつもの#5ロッドでは結構てこずる有様です。
これを20匹も釣ると、ほとんど筋トレです。
たまらず、午後は#7にティペット4X。
これで釣れるものだけに絞ります。


雪と低温で一気に活性が下がり、ガイドも凍りだしたので、4時30分にて終了しました。

この日のアタリカラーや詳しい情報は、ご来店時にお教えしますね!(菱)